--------- 共通の取り組み --------



主催:「都知事には統一候補を!緊急アピール集会」実行委員会

2016/7/1  都知事には統一候補を!緊急アピール集会

2016/7/1「都知事には統一候補を!緊急アピール集会」を参議院会館で開催致しました。今回こそ、ぜひ野党統一候補を出して欲しいと、熱い発言が続きました。緊急な集会にもかかわらず、小会議室に報道陣も含めて、80名の方が詰めかけて、統一候補の意義について意見を交わしました。NHK、共同通信、TBS、テレ朝、毎日新聞、東京新聞、日刊ゲンダイが、市民の動きを取材に来られました。この動きが政党や候補者の後押しになればと思います。 (動画はこちら: IWJの6分動画 、UPLANの60分動画


**** 日の発言者 ****

【アピール】 井筒高雄(元陸上自衛隊レンジャー隊員)、古今亭菊千代(落語家)、香山リカ(精神科医・立教大学教授)、土肥信雄(都立三鷹高校元学校長)、木村結(東電株主代表訴訟事務局長)、鈴木国夫(市民連合 めぐろ・せたがや)、志村徹麿(市民連合 東京連絡会)

【政党から】 田辺良彦(日本共産党・東京都委員会常任委員・自治体部長)、橘幸英(新社会党・中央本部執行委員)、水谷泉(東京・生活者ネットワーク・代表委員)、(参議院選挙の最中で、民進党など他の方々は都合が付きませんでした) 

 ***** 集会への賛同者リスト *****

〇高野孟(ジャーナリスト)〇井筒高雄(元陸上自衛隊レンジャー部隊)〇北村肇(『週刊金曜日』発行人)〇田島泰彦(上智大学教授)〇内田雅敏(弁護士)〇土肥信雄(都立三鷹高校元学校長)〇竹信三恵子(和光大学教授)〇大治浩之輔(月刊マスコミ市民発行人・理事長)〇鎌田慧(ルポライター)〇古今亭菊千代(落語家)〇森達也(映画監督)〇寺島栄宏(ジャーナリスト・レイバーネットTV)〇木村結(東電株主代表訴訟事務局長)〇河合弘之(弁護士、映画監督)〇広河隆一(フォトジャーナリスト)〇香山リカ(精神科医・立教大学教授)〇下山保(市民交流会選挙がチャンス!)〇神田香織(講談師)



**** 集会アピール ****

これまで都知事選は、野党の統一候補を求める市民の動きがありながら、共闘が実現したことはありませんでした。今回の東京都知事選挙は、野党共闘の流れの中で実施されることが大きな特徴です。6月21日の野党4党の幹事長・書記局長会談において、枝野幹事長は都知事選に関して「野党4党や生活者ネット、市民連合などと一致して推せる候補者を擁立することで一致した」と説明しています。市民として願ってもない嬉しいことです。 

私たちは、各政党に、一刻も早く、野党統一候補を決めて頂くこと、市民からの政策提案も踏まえた政策協定が結ばれることを切望いたします。そして私たち市民も、4党や生活者ネット、市民連合などが一致して推せる候補者の擁立に協力し、擁立された候補者をみんなで応援できるよう、最大限の努力をいたします。 

2016年7月1日 

「都知事には統一候補を!緊急アピール集会」参加者一同


2015/11  安倍政権に反対する野党共闘を              積極的に支えましょう


2015年11月1日

安倍政権にNO!東京・地域ネットワーク

 

市民団体の皆様へ呼びかけます 

私たち市民活動も安倍政権に反対する野党共闘を積極的に支えましょう。

各市民活動の連携を今まで以上に強め、地域の重層的・多面的な運動を作りましょう。

  

日頃の貴団体のご活動に敬意を表します。

 私たちは、東京都内や周辺自治体で、平和と民主主義を求める活動を行っている市民運動のネットワークです。(メンバーには、さまざまな政党を支持する個人が参加しています)

 

私たちは、この間、戦争法案と言われる安保法制に反対してまいりました。しかし、9月19日未明に、この法案は参議院での強行採決により成立いたしました。(私たちは成立の過程に民主主義を揺るがす大きな瑕疵があると考えています)

 

この政治のあり方を変えなければ、日本は戦争する国になるかもしれません。それだけでなく、市民の活動が国の方針に寄り添うことを求められる時代がくるでしょう。市民活動は、活動の指針を曲げなければ存立できなくなる危機の前に立っていると私たちは強く危惧しています。

 

市民も選挙の一部を担う覚悟が必要ではないか

これからの日本で、戦争をしない社会と、立憲主義に基づく政治が行われる社会の存続を確保するために、私たちは、まず、2016年7月の参議院議員選挙で安倍政権を敗北させる必要があると考えています。そのためには、さまざまな分野での野党の共同が不可欠だと考えています。(私たちは、ひとつひとつの政策については、それぞれの政党の主張があってしかるべきだと考えています)

 

安倍政権打倒を目指すために、参議院議員選挙では、私たち市民も、私たちの持つ方法と力を模索し、安倍政権打倒をめざす野党の候補者を応援する必要があると考えます。私たち市民は、各政党の努力のみに期待するのではなく、私たち自身が行動の主体として選挙の一部を担う覚悟を持ちたいと思います。

 

地域の中でそれぞれの抱えるテーマごとに活動をしてきた市民団体が、これまで以上に緊密な連絡体制を作り、共同して行動を重ねながら、この課題に取り組めるようになることを提案します。共同のしかたは地域の実情に合わせた形になると考えますが、私たちは、以下のような原則を提案します。


 私たちの考える共同の原則

私たちの考える共同の原則

①「安倍政権打倒、戦争反対、立憲主義を守る」といった共同の目標が考えられる。一致点はこの3つを意識しながら地域の実情の中で考える。

②自分の支持する政党以外の野党にも積極的に選挙協力をする。

③できるだけ多くの分野の市民団体に呼び掛ける。共同する他団体の立場や個人の意見の違いを尊重する。ともに行動するなかで一致点を拡大する努力をする。

④広く多様な市民に訴える。その時には、自らの宣伝をするだけでなく、対話の機会を作れるよう努力する。




2015年9月23日 さようなら原発・さようなら戦争 全国集会

強行採決から4日後の9月23日、東京代々木公園で全国集会が開催され25000人が抗議の声を上げた。



--------------------これより下は戦争法「強行採決」以前の運動の記録 ----------------------



2015年9月19日の未明 戦争法案が本会議「採決」



2015年9月17,18日 議員会館前で徹夜の抗議



2015年9月17日 国会前に過剰警備・無意味の「壁」出現

この警官隊と車両は何から何を守っているのだろうか?

2015年9月17日夜9時半、国会正門前のステージ反対側横断歩道を警察が封鎖している様子です。

 

無用な封鎖でもみ合いとなり逮捕者が出た前日と異なり、相手にする人もいなくなり過剰警備の空虚さを晒していました。

 

集会参加の市民がこの「バカの壁」の異様さに呆れて記念写真を撮っていました。

 

命令されれば、無意味な事でもせねばならぬ若い警官が気の毒です。養老孟司は情報を遮断する思考停止の壁を「バカの壁」と表現した。

 

しかし「バカの壁」を嗤ってはいられません。戦争法案が通り、70年前のように戦争が始まってしまえば、私たち市民もモノ言えぬ彼らのようにさせられてしまうかもしれません。

 

センソーホウアン

タダチニ ハイアン!


2015年9月14-16日 東京地域ネットの                              戦争法案反対活動(憲政会館前)



2015年8月30日 戦争法案No! 国会10万人総がかり行動


戦争法案NO!

安倍政権NO!

 

総がかり行動には国会エリア、日比谷公園エリア合計12万人の人々が詰めかけ民意を示した。

動画




2015年7月 戦争法案の強行採決反対の国会前泊り込み行動

安倍政権にNO!東京地域ネットワークの国会前泊り込み抗議の様子を東京新聞が報道して頂けました。正面に掲げられた力作の横断幕にご注目ください。



2015年夏 「安倍政治を許さない!」たたかい


2015/3/23 公選法 学習会(田中弁護士)


【2.22辺野古基地建設抗議県民集会への声明文】         東京・地域ネットワーク(2015年2月22日) 

私たち東京の市民グループは、辺野古と沖縄県内の新基地建設に断固反対し、連日にわたる国家の暴力、さまざまな困難をはねかえしながら、米海兵隊キャンプ・シュワブ、ゲート前、そして大浦湾、辺野古沖でたたかい続ける沖縄の人びと、支援にかけつけている全国の仲間たちに連帯し、さらなる支援の輪を本土・東京で拡げていくことを表明します。

 

安倍政権は、名護市長選挙、市議会選挙、県知事選挙、総選挙で示された沖縄の人びとの民意をまったく無視し、新基地建設を強行しています。海上保安庁や沖縄県警察は、連日連夜、カヌーによる海上抗議・監視行動、ゲート前でテントを張って坐りこみを続ける市民のみなさんに、暴力につぐ暴力を加え続けています。

私たちは、直ちに国家による暴力行使をストップすることを強く求めます。

 

埋め立て工事が強行されている辺野古・大浦湾は稀に見る生物多様性を抱え、サンゴ礁や海草藻場などに恵まれ、絶滅の危機にあるジュゴンが棲息する地域です。防衛省沖縄防衛局は、翁長知事の要請も無視し、沖縄県の工事許可を逸脱して、豊かな自然に恵まれた海域に、本年1月から数十トンもある大型のブロックを海に大量に投入し続けてきました。沖縄の民意や県の要請を無視して工事を強行する安倍政権の暴力的強権的な姿勢を私たちは絶対に許すことができません

 

巨大な滑走路や軍港機能を持つ最新鋭の基地が新たに計画されていることからも明らかなように、安倍政権のいう「普天間基地の機能移設」「基地負担の軽減」とはまったくのウソです。私たちは、豊かな自然を破壊し、沖縄の人びとにさらに半永久的に軍事基地を押しつける新基地建設を即刻中止させなければなりません。

 

アジア太平洋戦争で沖縄は国体を守るための盾とされ、凄惨な地上戦が繰り広げられた結果、住民の4分の1にもあたる10万人以上もの方々が尊い生命、財産を奪われました。日本本土でも、広島・長崎への原爆投下、東京や名古屋をはじめ多くの都市に無差別空爆によって数十万人の罪のない住民が犠牲となりました。日本が起こした中国大陸やアジアに対する侵略戦争において、多くの他国民を戦争に巻き込み殺戮を行った歴史の事実と合わせ、私たちがけして忘れてはならないことです。安倍政権はいま、集団的自衛権の行使に向けた法制化など、憲法を無視した戦争する国家への道を着々と歩んでいます。日本を再び戦争を起こす国にさせてはなりません。

 

沖縄の人びとは、第二次世界大戦後、長きにわたり米軍政支配下におかれました。1972年、本土に復帰した後も、40年以上にわたって、在日米軍基地の75%を押しつけられ、軍事基地の被害、米兵の犯罪に苦しめられてきました。本土(ヤマト)に住む私たちは、オール沖縄として示された民意に本土の人間として応えていくのか、それとも沖縄の人びとを犠牲にしたまま、安倍政権・アメリカ政府が進める戦争する日本づくりに加担してしまうのか、が鋭く問われています。

 

私たちはためらうことなく沖縄の民意に連帯を表明します。沖縄の人びとのたたかいを孤立させてはなりません。現地に対するいっそうの支援の網を拡げ、さらに東京・本土のおけるねばり強くしたたかな闘いを進めましょう。暴走を続ける安倍政権を追いつめ、辺野古新基地の建設を断念に追いこもうではありませんか。

 

東京・地域ネットワーク

heiwa_teikyou@yahoo.co.jp